陥入爪 手術 費用

陥入爪の手術の費用について

スポンサーリンク

 陥入爪の手術は保険適用となりますので、かかる費用の3割が自己負担となります。
陥入爪で施される手術は「フェノール法」という手術が一般的であり、気軽に受けられる手術方法となります。
フェノール法の手術費用は受ける病院ごとに異なります。
しかし、手術費用に初診料や投薬料などを加えても、2万円を超すことはまずありません。
基本的に、陥入爪の手術にかかる費用は、リーズナブルに設定されています。
 フェノール法については、薬を使用して爪母を焼切ります。
この処置で爪が生えてこなくなります。
そもそも陥入爪は、爪が伸びてくることで爪が皮膚の中に食い込み、痛みが生じる症状のことです。
ゆえに、爪母を焼切ることでつらい症状を改善させることができるできるというわけです。
手術と聞くと、一見躊躇される方もいらっしゃるのですが、前述しましたように保険が適用されますし、つらい症状を最短で改善させることができる有効な治療法となります。
スポンサーリンク

 陥入爪には、ワイヤーやプレートを使用した保存療法も存在しています。
しかし、ワイヤーやプレートでの矯正には保険が適用されませんので、手術の方が安い費用で陥入爪を治療することができます。
前述しましたように、ワイヤーやプレートを使用した矯正治療は保険の適用外となります。
ゆえに、全額自己負担となり、1回の治療にかかる費用は初診料をあわせると1万円から15,000円程度の費用がかかります。
そして、ワイヤーやプレートを使った矯正治療では、通常2回〜3回のワイヤーやプレートの交換が必要となります。
 陥入爪の中で、特に爪の彎曲がひどい状態を「巻き爪」といいます。
そもそも陥入爪とは、爪の先や側面が爪の周囲の皮膚に食い込んだ状態のことです。
症状が悪化すると、炎症や感染を引き起こし、赤く腫れて強烈な痛みを生じるようになり、悪化すると膿むようになります。
陥入爪の原因は、深爪がもっとも多い原因となります。
そのほかには、靴による圧迫や遺伝的な爪の形状なども原因となります。
スポンサーリンク