手の爪 伸びる速さ

手の爪・足の爪伸びる速さとメカニズム

スポンサーリンク

爪の伸びる速さは10-15歳の間にピークを迎え加齢とともにそのスピードは遅くなります。
そして一般的に手の爪が一日で約0.1ミリ、足の爪が約0.05-0.08ミリと言われ手の爪の方の方が早いのです。
なぜなら手の指の方が良く使い刺激が多いからです。
爪は皮膚の一部から作られるので刺激が多いと早く生まれ変わろうとするのです。
ちなみに爪全体が生まれ変わるのに手の爪は約1年、足の爪は約半年かかります。
さらに逆手より利き手の方が早く、手の爪は人差し指・中指・薬指が早く、足の爪は親指の方が早いです。
また女性より男性が、冬より夏が、夜間より昼間が早いです。
いろんな要素がありますが指に刺激がある方がスピードが早くなるのです。
次に爪が伸びる速さが時期によって早くなるメカニズムについて説明します。
スポンサーリンク

早くなる原因が3つあります。
それは(1)指先を使うことが多いことです。
パソコンや料理などで指先を使うことにより指先に刺激を与えると伸びるスピードも早くなるのです。
(2)睡眠不足です。
そもそも爪は皮膚の一部が変化したものであって神経が通ってない、死んでいる細胞なのです。
睡眠中は細胞が活発に働かないため死ぬ細胞も少なくなり伸びる速さも遅くなり、逆に起きている時は活動時間が長いので死んでいる細胞が増え、早くなるのです。
(3)新陳代謝が良いことです。
新陳代謝が良い方が早く生まれ変わり伸びる速さが早くなるのです。
これは若い人の方が早く、夏の方が早い傾向に現れています。
新陳代謝が良いことは健康な証であり、爪の元である皮膚はタンパク質でできているためタンパク質をしっかり取っている人も伸びる速さが早いのです。
スポンサーリンク