手の爪 黒くなる 原因

手の爪が黒くなる原因

スポンサーリンク

手の爪が黒くなる原因については、さまざまな理由があります。
たとえば爪にほくろが出来た場合などもありますし、指や爪に圧力が加わったことで発生する爪下血腫などもよくみられる症状のパターンです。
他にも10本の指すべての爪が黒くなる場合は全身疾患としてアジソン病や肝性ボルフィリン病などの病気、もしくは重金属や鉄分の含有量が多いことが疑われます。
またほくろ以外のできものの場合では、悪性ならメラノーマやボーエン病、良性なら粘液嚢腫やグロムス腫瘍などの病気である可能性があります。
他にも病気では扁平苔癬や綿状苔癬といった皮膚疾患や、クッシング症候群や栄養失調、放射線治療や紫外線などの影響、便秘症や脳充血といったものも関係しているケースもあります。
スポンサーリンク

手の爪が黒い原因の中でも、爪下血腫の場合はさほど心配はありません。
爪下血腫は繰り返しの外的刺激が原因であることが多く、足に負担のかかるランニングなどが趣味の場合や、足に合っていない靴を履き続けることで、足の指の爪が黒っぽく変色することがあります。
また手の爪の場合は、たとえばギターの演奏が趣味だったりすると、爪への刺激が強くて発症することがあります。
これらの場合はやがて黒い爪は剥がれ落ち、自然に再生します。
しかし爪下血腫は問題ないのですが、ほくろでも成長とともに範囲が広くなるようなら精密検査をした方が良いですし、それ以外の原因の場合は、大病のサインである可能性もあります。
そのためによくわからない場合は、医療機関を受診してください。
スポンサーリンク