手の爪 病気 原因 症状 痛い

手の爪.com〜手の爪の痛みやいろんな病気の原因や症状について

スポンサーリンク

人間にとって手というのは、一日の中でも一番良く使う部分だといえます。そして女性にとって、手の爪はネイルをしたりなどのおしゃれにも欠かせない部分になっています。意外に爪って無頓着だったりおざなりになりがちですが、とても重要なぶぶんですよね。その人の健康状態は爪で分かるともいわれています。

 

しかし手の爪って意外にどんな役割をしているのでしょうか?意外と知らない爪の役割を見ていきたいと思います。
爪は、無防備になりがちな指の先端を保護する役割を持っていたり、触覚を受け止めたりするための重要な役割を持っています。

 

そして指先には骨がないので、ものを掴んだりするときに爪が力を吸収しています。爪がないと踏ん張りがきかなかったり、力が入らないといったことが起こり生活に不具合が出てきます。
骨は指先に向かって細く細かくなっていて指の先端まではありません。爪がないと指先の力が入りませんし、繊細な動きができなくなってしまいます。
このように爪はとても重要な役割を担っているのです。

スポンサーリンク

そして爪の構造ですが、爪はタンパク質できた変形した皮膚なのでカルシウムとは関係ありません。
爪は髪の毛と同じケラチンという硬タンパク質でできています。そして爪は表皮の角質層が3層に重なっているのです。

 

爪というのは健康状態を表していて、爪を見ると健康状態がわかるとされています。爪であなたの健康状態を見ていきましょう。

 

爪の色がピンクで、つやつやとしていたらその人の健康状態は良好な健康状態だといえます。
爪の表面に縦の線が入ってきた時は、病気であるということではなく主に老化が原因だといえるでしょう。
そして爪の色の変化が健康状態を大きく左右すると言われます。
帯状に白く濁れば、ネフローゼ、黄褐色になれば、手足のむくみ、黒褐色は肝臓病や血管の病気が考えられます。このような色の変化が見られたら少し病気であることを疑ってみてもいいかもしれません。そうなれば早めに医師に相談しましょう

 

そしてこのサイトでは、そんな手の爪に関することをいろいろ解説していっていますので、手の爪で気になった症状などがあればぜひ参考にしてみてください。素敵で快適な生活を送るために爪はとても重要な部分なので、もしなにか違和感を感じることがあったらすぐに病院にいって相談してみてください。

スポンサーリンク